現在表示しているページ
HOME > 系統看護学講座 2017年版

系統看護学講座(2017年版)

「系統看護学講座」の概要
  •  「系統看護学講座(系看)」2017年版,全69巻のご案内です。「系看」は,1968年に「系統別」で体系化した教科書として創刊しました。以来50年近くの間,必要な教育内容・教科を組み込みながら改善を重ね,今日では看護学における教科書の“定本”として,全国の多くの看護学校・看護系大学で採用されています。
  •  時代の変化にかかわらず,基本的に疾患・障害を持つ人が対象となる医療や看護において実際的であること,現行の医療のしくみ・制度,診療・看護の実践に適合すること,学問・教育のうえで無理がなく,内容をもれなく体系的に配置(網羅)する上で最も合理的であることから,本講座では創刊以来,体系の基軸を「系統別」に置いて編纂してまいりました。
  •  2009(平成21)年に施行されたカリキュラムに基づき編成し,その趣旨に沿って内容の吟味を毎年欠かさず行い,定期的な改訂を行っています。2017年版では,看護・医療の変化に即して,14巻の改訂を行い,『臨床薬理学』を新刊として発刊しました。
  •  少子高齢化をはじめとする社会や制度の急激な変化によって,看護に課される役割の拡大と多様化に迅速に対応しています。また,見てわかりやすい教科書作りにも努め,多くの巻において紙面をカラー化しています。
  •  2013(平成25)年5月に発表された「看護師国家試験出題基準(平成26年版)」にそって,国家試験を念頭に置き,点検を行っています。
  •  『基礎看護技術Ⅰ』『基礎看護技術Ⅱ』『内分泌・代謝』『眼』『耳鼻咽喉』『小児看護学概論 小児臨床看護総論』『母性看護学各論』『災害看護学・国際看護学』『救急看護学』『リハビリテーション看護』の各巻で,巻末のQRコードをスマートフォンなどの携帯電話で読み込んで技術や手順を動画で確認できます。
専門分野Ⅰ
専門分野Ⅱ
統合分野
専門基礎分野
基礎分野
別巻
↑ページの先頭へ